杂志

中国传统婚礼

作者:中日交流 来源:未知 2015-06-22 10:05 我要评论( )

中国の伝統婚礼 「婚礼」の由来と発展 古代の中国では「夕暮れ」(黄昏)は縁起の良い時間帯だとされ、結婚式を夕暮れで行われることが多かったため、夫婦が結ばれる儀式を「

中国の伝統婚礼
 


「婚礼」の由来と発展
    古代の中国では「夕暮れ」(黄昏)は縁起の良い時間帯だとされ、結婚式を夕暮れで行われることが多かったため、夫婦が結ばれる儀式を「昏礼」(夕暮れの儀式という意味)と呼ばれるようになり、その後、「婚礼」となりました。中国人は赤色を好み、赤色は縁起の良い色だとも考えましたので、伝統的な結婚式では、慶びと賑やかな雰囲気を引き立たせるには、赤色がよく使われます。吉祥、祝福、親孝行は結婚式の大事なテーマであり、結婚式の儀式にも中国人の哲学思想が反映されています。
一番最初の婚礼は原始社会の末期に始まったと言われています。伏義時代の「対になっている鹿の革を礼に」から、夏商の時代の「親は主屋で迎える」を経て、周の時代の「六礼」までに発展しました。そして「六礼」は中国の伝統婚礼の基礎でもあります。
 
 
 
 中国伝統婚礼の基礎――「六礼」
 3000年前の周の時代から始まった「六礼」は中国の伝統婚礼の基礎であり、現在でも中国の結婚式に大きな影響を与えています。ここで「六礼」について簡単に説明します。
「六礼」を一言でいえば、縁談の持ち込みから、仲人の介入、花嫁のめとりなど結婚式が終わるまでの一連の結婚儀式と手続きのことです。「六礼」は、納采、問名、納吉、納征、請期、親迎、六つの段階に分かれています。
 納采  仲人が結婚を取り持つことです。男性の家は仲人を介して女性の家に縁談を申込み、同意を得た後に、男性側がお礼を用意して正式的に結婚の申し込みをします。
 問名  仲人を介して女性の生年月日と名前を聞き、それを根拠に男性の運命に合うかどうかを占い、そして結婚の儀式の準備をします。
  納吉  男性側は吉兆を占った後、お礼を用意して女性側に知らせ、結婚の話し合いを始めます。
 納征  男性側は縁起の良い日を選び、女性の家で婚約の儀式を行います。
 請期  結婚式(「婚礼」)の日を決めます。古代では偶数月と偶数日は縁起が良いと思われます。
 親迎  結婚式の当日に、男性側は「迎え書」を持って女性の家まで新婦を迎えに行きます。
 
   
「婚礼」に関する伝統と風習
  
閙新房(新郎新婦の部屋でいたずらをする)
古代では、新郎の兄弟は新郎新婦の部屋でいたずらしったり、騒いだりすると、魔除けや悪運を祓う効果があると考えられていました。この風習は現代社会にも残っています。民間では、「騒ぐほど喜ばしいことが起きる」ということわざすらあります。
 
嫁入り道具  
    女性側が出した嫁入り道具は、女性側の地位と財産の象徴だと思われています。嫁入り道具は遅くとも結婚式の前日に男性の家に運んでいかないといけません。嫁入り道具は箱に入れて運ぶことが多いです。嫁入り道具を見せびらかすため、テーブルの上に1つずつ並べ、長い縦列に並んで男性の家に運ぶこともあります。中身はタンス、布団、服飾品、絹織の反物、文房具、金と銀の器などのほかに、土地と屋敷、店舗、質屋もあります。そのほかに、縁起物も多いです。例えば、はさみは「対の胡蝶が空を飛んでいる」、痰つぼは「子孫樽」、花瓶は「花が咲き、富が結ぶ」、靴は「偕老同穴」(中国語の「靴」の発音と「偕」の発音に似る)、物差しは「広くて良い畑は手に入る」とか。地方によって風習と意味もそれぞれ違ってきます。浙江省の紹興では、「女児酒」を嫁入り道具にする風習があります。娘が生まれた後に、酒を造ってつぼに入れて埋めます。娘が嫁入りの日に、酒を堀り出して嫁入り道具として男性の家に送ります。「女児紅」とも呼ばれます。
 
赤い傘をさす  
    結婚式の当日に、新婦の姉妹または介添え人(女性)は新婦を実家の門のところまで送り出します。露天の場所で新婦の上に赤い傘をさし、「枝と葉っぱを生やす」、つまりたくさんの子供を産むという意味をしています。空に向かって傘の上にも米を撒きます。
 
迎親  
    結婚の日に、新郎は花嫁を迎えに行くことです。これは六礼の中で一番重要な儀式です。古代は徒歩で行くことがあれば、馬車で行くことがありますが、一番多いのが、8人担ぎの輿で花嫁を迎えに行くことです。輿は体が強健な男性に担いでもらい、他人の花嫁輿に会った時、遠回りしないといけないです。帰り道は行く道と別の道を選んで歩きます。「帰り道を歩かない」という意味です。途中は寺、祖廟、墓、井戸、河を通る時、男性側の人が赤い毛布で輿を隠し、「魔除け」のためだそうです。葬式にあった時、迎える人は「今日は良い日だ!宝財に逢ったよ!」と言います。「棺材」(棺桶)の発音は「観財」(財宝を見た)に似るので、縁起をよいのです。
 
拝天地 
    結婚式のもっとも重要な儀式です。「拝天地」の後、新婦は正式に新郎の家族の一員になりました。「拝天地」の時、司会は大きな声で「一は天地を拝み、二は高堂(親)を拝み、夫婦は拝み合い、部屋に入ります」。天地を拝むには天と地と神に対する敬意を表すため、高堂を拝むには親孝行を表すため、夫婦の拝み合いは 夫婦賓客対するように互いに相手尊重し合うことを意味するのです。
 
  合酒 
    糸で杯を繋ぎ、新郎と新婦は一つずつ手に持って酒を飲む儀式です。杯は二つに分かれ、夫婦は別々の人間だという意味で、糸で繋ぐのが、夫婦二人はこれから婚姻で繋がり、体が違うが、心が一つという意味です。
 
祝い酒 
    結婚式の宴を開き、親戚と友達を招き、皆で祝い酒を飲むのが結婚式に欠かせない儀式です。民間では「祝い酒を飲む」(喝喜酒)が結婚式の略語にもなっています。祝い酒の一番大きな目的とは、新郎新婦の結びは親戚と友達に認めてもらう場を提供することです。
 
三朝回門(実家帰り) 
 新婦は実家に戻り、両親に平安をお知らせする儀式です。結婚後の三日目に、新婦は新郎の同行でお礼を持って実家に戻り、祖先を祭った後に、旦那と一緒に嫁ぎ先に帰ります。昔、今のような便利な交通機関がないため、女性の嫁ぎ先が遠いなら、実家に戻ることがなかなかできないので、これは新婦が実家に戻る最後の機会にもなるかもしれません。
 
 
結婚式のタブー
時間のタブー
    結婚の時間は6月、3月、7月を避けるべきと言われます。1年の半分の節目がある旧暦の6月に嫁いだ新婦は「半月妻」とも呼ばれ、夫婦関係が悪くなりやすいという言い伝えがあります。旧暦の3月と7月は幽霊の出没が多い月と言われるため、結婚に適していないとされています。
 
  品物のタブー
    結婚式に新婦が身に着せる服飾品と靴等は全てが新しいものでないといけないです。しかもポケットのある服を避けるべき、新婦の実家の財運はポケットに持っていかれると言われているからです。結婚に使う「対聯」は遅くとも結婚式の前日に張り付け、結婚式が終わった1か月後に取り外さないといけないといいます。なお、新婦は実家を出る際に、魔除けや恥隠しのため、頭から赤い布(「盖頭」と呼ばれる)を被り、顔までを隠します。新郎以外の人に新婦の顔が見られてもなりません。そして結婚式でこの赤い布を取ることができるのが新郎だけです。
 
まとめ
    原始社会から現代社会までの数千年の間、歴代の変遷を経て一部の婚礼の伝統がまだ残っています。西洋文化の影響で、現代の若者達の間に「中西折衷」の結婚式が流行っています。これは日本の結婚式にも共通しているところです。結婚式では、新婦はウェディングドレスを身に纏い、新郎はスーツを身に付け、結婚指輪を交換し、ウェディングケーキに入刀します。ウェディングドレスのほかに、赤いチャイナドレスを着る新婦は新郎と拝み合ったり、合酒を飲んだり、友達が新郎新婦の部屋で「閙新房」したりもします。昔からの伝統的な習わしに、現代的な要素も加わり、より多元的、面白みのある結婚式になっています。
 
 
中国传统婚礼
 
“婚礼”的由来和发展
中国古人认为黄昏是吉时,所以会在黄昏行娶妻之礼,因此夫妻结合的礼仪称为“昏礼”,后来演化为婚礼。中国人喜爱红,认为红是吉祥的象征。所以传统婚礼习俗总以大红色烘托着喜庆、热烈的气氛。吉祥、祝福、孝敬成为婚礼上的主旨,几乎婚礼中的每一项礼仪都渗透着中国人的哲学思想。
  
最初的婚礼形式大约始于原始社会末期,从相传始于伏羲时代的“以俪皮(成对的鹿皮)为礼”逐渐演进,到夏商时的“亲迎于堂”,再到周代所具备的完整的“六礼”,已初步奠定了传统婚礼的基础。

    中国传统婚礼的基础——“六礼”
          3000年的周朝形成的“六礼”是中国传统婚礼的基础,对现代中国的婚礼也产生了深远的影响。这里就“六礼”进行简单的说明。
         “六礼”简单说来,就是指由求亲、说媒到迎娶、完婚的一系列的仪式和手续。分为“纳采”、“问名”、“纳吉”、“纳征”、“请期”、“亲迎”六个阶段。
“纳采”——即男方家请媒人去女方家提亲,女方家答应议婚后,男方家备礼前去求婚。
“问名”——托媒人请问女方出生年月日和姓名,以此为据来占卜是否与男方的命相和,然后准备合婚的仪式。
“纳吉”——即男方家卜得吉兆后,备礼通知女方家,婚事初步议定。
“纳征”——男方选定吉日到女方家举行订婚大礼。
“请期”——择吉日完婚,旧时选择吉日一般多为双月双日。
“亲迎”——婚礼当天,男方带迎书亲自到女方家迎娶新娘。
 
传统婚礼习俗
闹洞房:旧时规定,新郎同辈兄弟闹新房, 可以为新人驱邪避凶,婚后如意吉祥。在近代,这是新婚夫妇在新房接受亲友祝贺、嬉闹的仪节,民间有“闹喜闹喜,越闹越喜”的说法。
 
嫁妆:女方家里的陪送,是女方家庭地位和财富的象征。嫁妆最迟在婚礼前一天送至夫家。嫁妆往往用箱笼装着,也有人家为炫耀陪嫁,将嫁妆用方桌一一铺开,排成一个纵队浩浩荡荡地送至男家。嫁妆通常有箱柜、被褥、首饰、衣服、绸缎、文房四宝及金银器皿等,还有以田地房屋、店铺、当铺作为陪嫁的。除此之外,还有象征好兆头的东西,如:剪刀,寓意胡蝶双飞;痰盂,又称子孙桶;花瓶,寓意花开富贵;鞋,寓意白头偕老;尺,寓意良田万顷等等。当然各地的风俗和讲究都不一样。绍兴一带,还有送“女儿酒”作为嫁妆的,即在女儿出生后,即酿酒数坛埋入地下,待女儿出嫁之日,取出作为嫁妆礼品送至男家。所以也被称为“女儿红”。
 
撑红伞:迎亲的当天,由新娘的姊妹或伴娘把新娘送至家门,站在露天的地方,在新娘头顶撑开一把红伞,意为“开枝散叶”,并向天空及伞顶撒米。
 
迎亲:古代婚配时,男方必须去迎亲。“亲迎”是六礼中最隆重的礼节。古代亲迎,有徒步的,也有用车的,比较普遍的是用八人大轿去迎亲。 抬轿的人必须身体强壮,遇上别人家的花轿,必须绕著走。迎亲回来时,还要另找一条路回去,意思是不走回头路。如果途中经过庙,祠,坟,井、河等处,必须由男方娶亲的人手张红毡子将花轿遮著,作为“避邪”的意思。 如果在途中遇见出殡的队伍,迎亲的人会说“今天吉祥,遇上宝财!”因为棺材的谐音为“观财”,亦即看到财宝的意思,主要是为了图个吉利。
 
拜天地:是婚礼中很重要的仪式。经过“拜天地”後,女方就正式成为男家的一员。“拜天地”时,主持婚礼的司仪会大声的说﹕“一拜天地,二拜高堂,夫妻交拜,齐入洞房。”其实,拜天地代表著对天地神明的敬奉;而拜高堂就是对孝道的体现;夫妻拜就代表夫妻相敬如宾。
 
合酒:酒杯以线相连,新郎新娘各执其一,相对饮酒的仪式。酒杯一分为二,象征夫妇原为二体;以线连柄,则象征两人通过婚姻而相连;合之则一,象征夫妇虽两体犹一心。
 
喜酒:吃喜酒几乎是每对新婚夫妇行婚礼时必不可少的仪式,流传到今天,“吃喜酒”已成为民间行婚礼的简称。酒筵最主要的意义是新郎新娘的婚姻得到了亲朋好友的承认。
 
三朝回门:就是回娘家向父母报平安的意思。三朝是指婚後的第三天,新娘由丈夫的陪同下,带礼品回娘家祭祖,然後再随丈夫回到夫家。在古时,交通没有现代的方便,如果女子要夫家是离娘家後远的话,女子就可能没有机会再回到娘家了。所以回门可能是女子踏足娘家的最後一次机会。
 
 
婚礼禁忌
结婚时间的禁忌  
出嫁的时间要尽量避开六月,三月和七月。传统习俗认为在农历六月完婚的新娘又称“半月妻”,因为六月是整年的一半,夫妇婚后容易离异。另外农历的三月和七月是鬼魂多出没的日子,也不适宜于结婚。
 
婚礼事物的禁忌
新娘子结婚当天所穿的所有礼服,婚纱,鞋子等都应是全新的,且礼服避免有口袋,因口袋多能带走娘家财运。新婚的对联最迟也要在结婚前夕挂上,完婚满一个月后要除下。此外,新娘在离开娘家的时候,为了辟邪和遮羞,要在头上盖一块红盖头,把脸遮掩住。新娘的脸也不能被新郎以外的人看到。在结婚仪式上,能取掉这块红盖头的只有新郎。
 
总结
婚礼从远古时代到现代社会经历了数千年的发展,虽然历经变迁但仍旧有一部分保存了下来。受西方文化的熏陶,现代的年轻人多选用“中西合璧”的婚礼形式,这一点和日本很相似。结婚仪式上,新娘穿婚纱,新郎穿西装,互相交换结婚戒指,切蛋糕。但是另外,除了婚纱外新娘还会准备一套红色的中式旗袍,和新郎一起拜天地,新郎新娘的同龄朋友们也会过来“闹洞房”这些自古以来的习俗都被很好地保留了下来,并被加入了许多现代的因素,变得更加多元和有趣。
 

1.砍柴网遵循行业规范,任何转载的稿件都会明确标注作者和来源;2.砍柴网的原创文章,请转载时务必注明文章作者和"来源:砍柴网",不尊重原创的行为砍柴网或将追究责任;3.作者投稿可能会经砍柴网编辑修改或补充。

相关文章
  • 是什么支持着高通的技术“垄断”

    是什么支持着高通的技术“垄断”

    涵詔 · 04/29 23:48

  • 小米林斌:手机跳票是遇到了技术挑战

    小米林斌:手机跳票是遇到了技术挑战

    子辛 · 04/28 12:53

  • 广州P2P网贷特大诈骗案侦破,涉及约6800万元骗款

    广州P2P网贷特大诈骗案侦破,涉及约6800万元骗款

    程景伟 马威 张毅涛 · 04/28 00:23

  • 广州侦破P2P网贷特大诈骗案:5千人被骗6800万元

    广州侦破P2P网贷特大诈骗案:5千人被骗6800万元

    程景伟 马威 张毅涛 · 04/28 00:15

网友点评